実演家などに認められた権利

まず初めに、実演家といいますとどの様な人たちの事を指すのでしょうか。それは、演歌歌手や演奏家や俳優やタレントなどその人個人が持つ技芸が商売となる職業の方たちの事を言います。そんな実演家の方々ですが、法律で定められた権利として著作権隣接権というものが存在します。実演家の方々とそれを支えている事務所ですとかレコード会社に関して所有することが出来る権利があります。さて、その権利についてですが詳しく説明していきますと、次のようなものがあります。まず、実演家の方々が持つ権利は録音・録画権と放送権・有線放送権と送信可能化権と商業用レコードの二次使用を受ける権利と譲渡権と貸与権利などです。それから、レコード製作者などが保有する権利は複製権と送信可能化権と商業用レコードの二次使用を受ける権利と貸与権などになります。実演家が実演したものをレコード会社が商品化しますが、それを放送する側には放送事業者がいます。放送事業者も権利を保有しています。このように、様々な人の手により実演家の方は支えられているという風にとらえることが出来るのではないでしょうか。それとともに、それぞれが権利を有する事で、事業として成り立っています。

コメントは受け付けていません。