著作者にはどのような権利があるのか

知的財産の重要性が注目されてきた近年、「著作権」というフレーズを耳にする機会も増えました。「Copy right(著作権)」を示す?のマークを目にしたことのある方も多いでしょう。著作権というのは、著作者が有する財産権のことで、複製権、翻案権、公衆送信権、上映権等、多くの著作物に関する権利を総称したものです。複製権や翻案権について、1つの例を説明すると、ブログやサイトに公開した文章を第三者が無断で転用することを阻止する権利等をいいます。第三者が無断でそのまま転用した場合は複製権の侵害に、創作的な変更を加えて転用した場合には翻案権の侵害になります。複製権と翻案権の違いは、第三者が創作的な変更を加えたかどうかです。この場合、無断で公開された人は、民法709条に基づき、損害賠償を求めたり、公開される前であれば、公開を差し止めることができます。著作権は、特許と異なり、審査を経ずに発生するのが特徴で、文章を書いたり、写真を撮ったり、絵を描いたりすれば、それだけで発生します。文章を書いた人、写真を撮った人、絵を描いた人を著作者といい、著作者には、著作権のほかに、著作者人格権が認められています。これは、著作者が有する人格権のことで、無断での変更を阻止する同一性保持権、無断での公開を阻止する公表権、自分が決めた名前(本名、ハンドルネームのいずれも含みます)で公開する氏名表示権のことをいいます。

コメントは受け付けていません。