著作物の正しい利用法

著作物には、論文、小説、歌詞、絵画からゲームソフト、テレビ映画に至るまで様々な種類があります。著作権では、作品や書物の内容などを第三者が勝手に使用し、著作者の権利を犯さないよう規定されています。
著作物は、著作権を制限し自由に利用することが可能とされており、自由に利用できる場合として、図書館や学校における複製、点字による複製、時事問題に関する論説の転載などが挙げられます。
著作物を正しく利用する場合しては、国内で保護されているものかどうか・保護期間内のものであるか・許諾なく使える場合かどうか・著作権者を調べ利用の許諾などを得るの手順を踏んで行われます。
国内で保護されているものかどうかに関しては、国民の著作物・国内で最初に発行された著作物・条約により国が保護の義務を負う著作物の何れかに該当すれば保護されます。
著作権の保護期間は、一部の例外を除き著作者が著作物を創作した時点から著作者の死後50年とされていて、その期間においては著作権者の許諾を取得することが必要です。
著作権者から許諾を取得するには、口頭であっても問題はないものの、利用の仕方や許諾の範囲、使用料の額、支払方法などを文書で確認しておくのがよいです。

コメントは受け付けていません。