どのようなものが著作物に当たるのか

著作物に当たるものは、音楽や言語等を含み、数多くの物となっています。
個人が作成した論文や脚本という物や、楽曲、歌詞等も含まれ、その他のコンピュータープログラム等も含まれる為、総合的に言えば、個人が作成した制作物と呼べる範囲の芸術品等を含めた全てが著作物に当てはまると言えます。
しかし、憲法やその他の法令についてや、国又は地方公共団体、独立行政法人の告示その物や訓令、通達等の国が定めてた事柄等に関しては、著作権が無い物となっています。
元々著作物は、他人が知る事ができるように外部の人々に表現された物の事を言うので、これに該当しない物の事は著作物と呼ぶ事はなく、保護される事も難しくなっています。
また、上記の例には上がっていませんが、絵画やイラスト等も著作物に入るとされており、誰かが描いたイラストで、その絵等が外に出た時や、商品として利用された時等には、確実な著作権が発生します。
ちなみにイラストの分野ではよく著作権フリーとしての配布をしている物等もありますが、著者が著作権を無くし、あえて配布している物を使用するという行為に至っては、著作権の法律にも触れる事が無く、問題に上がる事も無いのが通常です。

コメントは受け付けていません。